預金が生前に引き出された場合

【事例】

父親が死亡し、相続人として子供2人(太郎さんと次郎さん)がいます。

父親の遺産は、自宅の土地と建物、預金があり、父親は「財産のすべてを太郎に相続させる」との遺言書を残していました。

さらに、父親の死後、父親と同居していた太郎さんが生前、父親の口座から多額の預金を引き出していたことが判明しました。

次郎さんは、太郎さんに対して、遺留分減殺請求をする場合、上記預金についてどのような主張をすることができるでしょうか。

 

【回答】

1 生前の預金の引き出しが疑われる場合

生前に預金が引き出されたとの疑いがある場合には、まず、誰が預金を引き出したのか、預金の引き出しをした人に預金引き出しの権限があったのか、引き出した預金の使途などを調査する必要があります。

 

2 預金が死亡した人のために使われていた場合

太郎さんが、父親の生前、父親の生活費等のために、父親から依頼されて預金を引き出しており、その引き出したすべてを生活費にあて、残りの現金はないという場合には、その引き出した預金を、遺留分の算定の基礎となる財産に含めることはできません。

この場合には、生活費を分かるような記載、例えば家計簿などに食費、水道光熱費、介護費用などがわかる記載があることが望ましいです。

 

3 預金を引き出す権限がなかった場合

太郎さんが、父親に無断で父親の預金を引き出していた場合で、その使途が父親のための使用でなかった場合(使途不明金である場合)には、太郎さんが引き出した預金を、父親の遺産に戻して計算することになります。

したがって、太郎さんが引き出した預金については、遺留分の算定の基礎となる財産に含めることができると考えられています。

 

4 預金を引き出す権限及び許可があった場合で父親のために使われていない場合

太郎さんの預金の引き出しが父親の意思に基づいて行われ、父親のために使用されていない場合には、通常特別受益の問題となり、基本的には遺留分算定の基礎となる財産に含まれることになります。

 

5 生前に預金が引き出されており、その分について、遺留分算定の基礎となる財産とするには、実際に引き出し行為が行われていたことを証明するため、証拠が必要となり、預金通帳等の取引履歴が参考になります。また、預金の引き出しの権限があったか、その使途については、様々な事情に基づいて判断していくことになります。相続人が預金を勝手におろしていたのではないかと考えた場合には、弁護士に一度相談していただくことをお勧めします。