遺留分請求の典型例

1.典型例①
相続人は、妻(花子)と子供2人(太郎と次郎)。
父親が死亡し、財産のすべてを太郎に相続させるとの遺言書があり、父親の財産が、1600万円、債務が400万円である場合、妻である花子さん、次郎さんの遺留分はいくらになるでしょうか。

遺留分算定の基礎となる財産額は、1600万円-400万円で1200万円となります。
本件は、直系尊属のみが相続人である場合ではないため、全体的遺留分は相続財産の2分の1となります。
また、法定相続分は、花子は配偶者であるため2分の1、次郎は子供であるため4分の1(2分の1×2分の1)となります。
したがって、個別遺留分は、花子は4分の1、次郎は8分の1となります。

遺留分額は花子が、1200万円×4分の1=300万円、
次郎は1200万円×8分の1=150万円
となります。
2.典型例②
相続人は、妻(花子)と子供1人(太郎)。
父親が死亡し、財産のすべてを愛人の愛子に相続させるとの遺言書があり、父親の財産が、1600万円、債務が400万円である場合、妻である花子さん、太郎さんの遺留分はいくらになるでしょうか。

遺留分算定の基礎となる財産額は、1600万円-400万円で1200万円となります。
本件は、直系尊属のみが相続人である場合ではないため、全体的遺留分は相続財産の2分の1となります。
また、法定相続分は、花子は配偶者であるため2分の1、太郎も子供ひとりであるため2分の1となります。
したがって、個別遺留分は、花子は4分の1、太郎も4分の1となります。

遺留分額は花子が、1200万円×4分の1=300万円、
太郎も1200万円×4分の1=300万円
となります。
では、次からは、遺産の内容を具体的に決めて、その処理を見ていきましょう。