遺留分の計算方法

1、遺留分の額の計算式

遺留分の計算方法は民法で規定されています。

遺留分額=遺留分算定の基礎となる財産額×個別的遺留分の割合

となります。

 

2、遺留分算定の基礎となる財産額とはどのように計算するのでしょうか。

死亡した人が相続開始時に有していた財産+贈与財産の価格-相続債務の全額となります。

 

(1)相続開始時の積極財産

死亡した人が相続開始時に有していた財産は遺留分算定の基礎となります。

 

(2)債務の控除

相続債務は(1)の相続財産から控除します。

 

(3)贈与

死亡した人が贈与した財産については、全てが遺留分算定の基礎となるわけではありませんが、以下の贈与の場合には遺留分算定の基礎となります。

1. 相続開始前の1年間にされた贈与

2.  贈与の当時者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってなされた贈与

3. 不相当な対価でなされた有償処分

4. 特別受益としての贈与

 

3、個別遺留分の割合

個別遺留分とは、2-2で説明した全体の遺留分の割合に2-1で説明した法定相続分の割合を乗じたものになります。

 

4、具体例

例えば、太郎さんがなくなり、太郎さんの妻の花子さんと太郎さんの子供である次郎さんがいる場合、財産総額5000万円、相続債務2000万円で、遺言で財産のすべてを妻の花子さんに相続させることになっていたとします。

この場合、次郎さんの遺留分はいくらになるでしょうか。

 

まず、遺留分の算定の基礎となる財産は、5000万円-2000万円=3000万円となります。

つぎに個別遺留分について検討します。

全体の遺留分の割合は2分の1、次郎さんの法定相続分は2分の1になるので、2分の1×2分の1で4分の1になります。

したがって、次郎さんの遺留分の額は、3000万円×4分の1=750万円になります。

 

では、つぎに請求の方法について見てみましょう。